委員会 基本方針


総務事務局委員会 基本方針

 

本会議所は「修練・奉仕・友情」という三信条の基、熱き先輩方が誇りをもって築き上げてこられた歴史や地域との絆があります。その歴史や絆を守りつつ、地域を愛し魅力ある団体としていかなければいけません。

本年度、総務事務局委員会では、各委員会及び外部諸団体との連絡調整にあたり、本会議所の円滑な運営はもちろん、メンバーの積極的な参加を促すために目的や想いを共有できる環境づくりを行います。そして、日本青年会議所、東海地区協議会及び岐阜ブロック協議会の事業に積極的に参加・協力できるよう、メンバーの参加意識の高揚にも努めます。

総務事務局委員会が「LОM愛」を持って能動的に活動することが、本会議所の活性化と「まごころ」を育む一助になると考えます。そして我々の活動がLOMに団結と愛をもたらし、その団結と愛が伝播することにより「会員の拡大」に繋がり、ひいては地域の発展へ繋がっていくと確信します。

また貴重な体験ができる研修船「とうかい号」事業では乗船者に青年らしく未知の世界を突き進む向上心溢れる次世代の担い手として成長して頂けるよう支援を行います。


ちいき絆ねっと委員会 基本方針

 

めまぐるしい価値観の変化と混沌とした時代背景の中で、それぞれの地域が自律的で持続的な魅力ある地方のあり方を築くことが急務です。

本年度、ちいき絆ねっと委員会では、地域全体の産業・経済・文化の活性化を牽引し、未来を見据え創造する「まちづくり」事業(ちいき絆ねっと~食の陣~)を展開していきます。また、この地域で次代を担う子ども達が、夢や希望をもち、地域愛を育む「ひとづくり」事業(ちいき絆ねっと~学の陣~)に取り組みます。私達が、この地域を輝かせている皆様と共に「誇りと情熱」をもって活動することで、地域の魅力を発信して、地域愛を創造していきます。そして、本年度の事業を通じて、この地域の多くの皆様に地域への愛を再認識していただきます。

また、魅力あふれる私達の活動を通じて、会員の拡大に努めます。


 会員育成・交流委員会 基本方針

 

インターネットの普及でデータ化された世の中となり、情報の入手が手軽になって便利な世の中になりました。一方で、自分の周りや地域とのコミュニケーション不足などで、自分さえ良ければいいという人も少しずつ増えており、仲間や地域への愛が希薄になりつつあります。

そこで本年度、会員育成・交流委員会では、愛を発信できる組織となるべく、能動的に活動できる愛と魅力あふれるリーダーを創出できるよう努めて参ります。そして美濃加茂青年会議所のメンバー全員が仲間や組織の先頭に立ち、自身を取り巻く仲間の心を引き付け「人を愛する、人から愛される」地域の愛魁人(あいさきがけにん)となっていただきます。

そして、組織としての魅力を最大限高めていくことで、共感する同志の輪を広げ更なる会員の拡大に努めます。

また、日頃の青年会議所活動は家族の支えがあってこそ続けられます。誠意をもって感謝の想いを伝えます。